スネークヘッドの調子が悪い

スネークヘッド


こんにちは、からしです!

今回は、我が家のハーコートスネークヘッドが体調不良になってしまった時のお話しをさせていただきたいと思います。

様子がおかしい?
数日前から、低床のガーネットサンドに身体をこすり付けるような行動が目に付くようになりました。最初は「砂に潜る習性でもあるのかな?」くらいに思っていたのですが…。
ある日鱗が一部無くなっていることに気づき、調べてみたところ熱帯魚は身体に寄生虫がつくとこすり付けて落そうとするということが分かりました。
自然界でもやっている行動らしいので、少し様子を見ていたのですが今度はまったく動かなくなってしまい、息継ぎに浮上する以外は水槽の底で固まったようになってしまいました。
そして、この状況を打開するべく私が行ったのが【緑茶浴】です!
緑茶浴
以前薬浴に弱い熱帯魚の為の治療法として調べていたときに発見したのですが、緑茶に含まれるカテキンには殺菌・消毒作用があり実際に養殖場などでも行われているそうです。
なので私は、小さなケースに飼育水を入れてお茶を作りその中にスネークヘッドを5分間緑茶浴させました。
※急なことだったので写真を撮り忘れました。
あまり長い間、緑茶浴をさせてしまうと今度は緑茶に含まれるカフェインによってダメージを受けてしまうので5分程がいいようです。
緑茶浴の効果
正直あまり期待はしていなかったのですが、効果抜群でした!
次の日の朝には、水槽の前に座るといつものように餌クレと元気に泳いできてくれました!
本当に安心しました!
まとめ
やり方としては、1週間おきに5分程の緑茶浴を熱帯魚の様子を見ながら続けて治療完了となるそうです。
私の場合は、まだ1回しか行っていないのですがかなり元気になりました。
ココア浴やイソジンといった方法もありますが、私はこれからも緑茶で対処できる限りはこの方法で対応していきたいと思います。
最後に
水槽に網を入れて追いかけるという行為は、熱帯魚にとってはとても大きなストレスがかかるので、できることなら水槽内で解決したいと思いすぐに【虫下しハンバーグ】を注文しました。
もしかしたらポリプテルス達にも寄生する可能性があるので予防としても与えたいと思います。ハンバーグについては、また別の記事でお話しをさせていただきたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の投稿もよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました