Po.オルナティピンニスの飼い方!水槽サイズや最大サイズ

ポリプテルス


こんにちは、からしです!

今回は以前我が家にお迎えした「Po.オルナティピンニス」の飼育方法についてのお話しをさせていただきたいと思います。

※Po.=ポリプテルスの略です

Po.オルナティピンニスとは
名称:Po.オルナティピンニス
最大サイズ:50~60㎝
水温:24~30℃
水質:弱酸性~中性
【特徴】
・Po.オルナティピンニスは古代魚になり小型で知られる「Po.セネガルス」「Po.デルヘッジ」と同じ「上顎系」のポリプテルスになりますが、その最大サイズは何と50~60㎝と大型になりますので60㎝サイズの水槽で終生飼育することは出来ません。
見た目はバンドの様な模様はありませんが黒ベースに黄色という他のポリプテルスとは、また一味違った魅力があります。
【最大サイズ】
・最大サイズは60㎝としていますが一般的な水槽内飼育では、およそ50㎝前後で成長は止まるそうです。大きく成長させたい方は「幼魚期」からしっかりと餌を与えて肥満にならないように水流を作って運動させて、細く長く育てるのが良いそうです!
【性格】
・Po.オルナティピンニスに限らず、ポリプテルスの性格は比較的大人しい傾向にありますが性格に関しては、個体によって性格が異なるので実際のところ飼育してみないと分かりません。我が家のPo.オルナティピンニスは現在「隔離ケース」にて飼育しているので、混泳に関する性格はまだ分かりませんがまだ小さいのでとても臆病です。
【餌の種類】
・餌に関してはまだ「人工餌料」に慣れてくれていないので現在は、「冷凍アカムシ」をメインで与えながら「おとひめEP6」を細かく砕いて少量をアカムシと一緒に与えています。
【寿命】
・寿命は10~15年と言われています。
【水温や水質】
・水温や水質に関しては、古代魚と言われてるので環境適応能力を考えると正直かなり幅広い範囲で生息は可能だと思います。不測の事態でも耐えてくれるとは思いますが、急激な変化はなるべく与えないように気を付けましょう。
飼育環境について
【水槽サイズ】
・水槽のサイズは90㎝水槽以上のサイズをオススメいたします!小型のポリプテルスに関しましては、1匹や2匹であれば終生飼育も可能だとは思いますが最大50~60㎝にまで成長するので最低でも90㎝規格水槽での終生飼育をオススメしますが120㎝水槽を設置出来るスペースのある方は120㎝水槽で飼育した方が生体に掛かる負担が減ると思います。
【フィルター】
・フィルターは「肉食魚」になりますので良く水を汚してしまうのでメンテナンスの楽な「上部フィルター」の使用をオススメいたします。ろ過能力に不安のある方は「サブフィルター」等を使って対処しましょう!
【ヒーター】
・Po.オルナティピンニスに限った話では無いのですが、急激な水温の変化は病気の原因にもなりますし高めに設定することによって病気の発生を抑えることも出来るので、あえて付けないといった選択肢はあまり無いと思います。
【エアレーション】
・こちらは無くても問題はありませんが!私はエアレーションの泡を見ているのが好きですし、下から上に水流を作って止水域を減らす事が出来るので入れています。

ポリプテルスはエラ呼吸の他に肺呼吸にて直接水面から酸素を供給することが出来るので、エアレーションをする必要はありませんが、水中の酸素濃度を上げることによって成長を促進させることが出来ますし、「バクテリア」は常に酸素を必要としているのでエアレーションをしても問題がなければ入れた方が良いかもしれません。

【低床】
・飼育水をよく汚してしまうので掃除の面から考えれば、ベアタンクでの飼育が一番楽ではあるのですが低床があると低層で生活している熱帯魚は落ち着くことが出来るので、手間でなければ用意してあげましょう!低床の種類(色)によっては、体色にも変化が出て来るので好みの物を選んでもらって問題ありませんが、プロホースを使っての低床掃除が多くなると思いますので出来るだけ比重の重い低床を使用する事をおススメいたします。
まとめ
ここまで「Po.オルナティピンニス」の飼育方法についてお話しして来ましたが、飼育する為には最低でも90㎝水槽が必要になり90㎝水槽は60㎝水槽と比べてもサイズ的にも重量的にもかなり大きくなりますので設置場所にも気を付けなければいけないので飼育に挑戦する際には十分に考えてから購入するようにしましょう!
まとめ
最低でも90㎝水槽が必要になりますとお話しして来ましたが、混泳をさせる場合には120㎝水槽での飼育を考えた方が良いかもしれません。2匹か3匹くらいなら大丈夫かもしれませんが可能であれば120㎝水槽での混泳飼育をオススメいたします!
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の投稿もよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました