ヤマトヌマエビ【飼い方・飼育方法】

その他


こんにちは、からしです!

今回は、まだヤマトヌマエビについて触れていなかったのでヤマトヌマエビについてのお話しをさせていただきたいと思います。

ヤマトヌマエビとは
名称:ヤマトヌマエビ
最大サイズ:4~5㎝
水温:24~28℃
水質:中性~弱アルカリ性を好みますが、弱酸性の環境でも飼育は可能のようです。
特徴
成長すると最大で5㎝程になることから、ヌマエビの中では大型の種類に分類されており体色は飼育環境によって若干変化します。何もないタイミングで急に飛び跳ねることがありますので、水槽にはしっかりとフタを付けましょう。
性格
比較的温厚ではありますが、縄張り意識を持っているので多少の小競り合いはあるかもしれませんがヤマトヌマエビによって他の熱帯魚が死んでしまうようなことはありません。
飼育環境
混泳に関しては、ヤマトヌマエビを食べてしまうような生体が居ない環境であればどんな熱帯魚とも混泳は可能だと思いますが、水草やシェルターを設置して隠れられる場所を用意してあげるようにしましょう。
飼育設備
大型のヌマエビと言っても、最大で5㎝程になりますので水槽は小型の物でも水質の維持さえ出来れば全く問題ありませんが、ヒーターは入れて一定の温度には保ってあげましょう。
ヤマトヌマエビに限らずエビ類は、何もなくても飛び出してしまうことがありますので水槽には必ずフタを設置しましょう。餌に関しては、水槽内に発生した藻やコケを食べることが出来ますので水質の悪化が気になる方は、エビ用の人口餌を少量与えるようにしたり毎日ではなく、1日おきに与える方法も良いかもしれませんがミナミヌマエビと違って共食いの可能性がありますので、何も与えないで飼育するのは止めた方が良いかもしれません。
水合わせについて
ヤマトヌマエビは、ビーシュリンプ程水質に敏感ではありませんがエビ類であることには変わりませんので雑には扱わずに、他の熱帯魚と同じようにしっかりと水温合わせと水合わせを行ってから本水槽に導入しましょう。
エビの舞?
私は、水槽の水替えを行った際にヤマトヌマエビ達が水槽内を縦横無尽に泳ぎ回る様子を見て、水替えをしたからキレイな水に喜んでいるのだと思っていたのですが…
実際は、水替えによって水質が変化したことによりビックリして泳ぎ回っていたみたいです。元気に動き回っている分には心配ないのですが、逆にピタリと動かなくなると落してしまう可能性があるので注意しましょう!
肉食?!
ヤマトヌマエビは雑食性なので、草食傾向もありますが他の熱帯魚の食べ残しから死んでしまった魚まで食べてしまいます。自分から襲って食べるといった話は聞いたことがありませんので、混泳させることに関しては問題はないと言えますので安心して混泳させてみて下さい。
抱卵について
ヤマトヌマエビは、オスとメスを同じ水槽で飼育していると自然と抱卵いたしますが、ヤマトヌマエビの赤ちゃんは汽水域という海水と淡水の混ざり合った特殊な環境でないと飼育することができませんので、ミナミヌマエビの様に放っておけば増えると言ったことはありません。
しかし、抱卵している親エビを見ているといつまで抱えているのか?このままで問題はないのか?と不安になる方も居ると思いますが、時間が経てば自然と抱えている卵を離しますので見守ってあげましょう。
まとめ
ヤマトヌマエビと聞くとヌマエビなんだからと水槽とフィルターのみで簡単に飼育を始めてしまう方も多いかもしれませんが、熱帯魚と変わらない環境をしっかり用意してあげないと簡単に落ちてしまいますので、しっかりとした知識を持って飼育に挑みましょう。
最後に
私はまだ小さい頃にヤマトヌマエビを買ってもらったことがありますが、その時は何も考えずに水槽とブクブクだけ買って水温も何も気にせずに、カルキ抜きだけした水にそのままヤマトヌマエビ達を入れて1日で全滅させてしまった経験がありますが、今はしっかりと自分なりに調べて飼育をしているので、毎日元気に「ツマツマ」していますw
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の投稿もよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました