アルカリ性?弱酸性?水質に迷ったら中性に保とう!

初めたい方向け


こんにちは、からしです!

今まで、「弱酸性」や「弱アルカリ性」についてのお話しをさせていただいたのですが、迷ったら「中性」に保てばいいんじゃないかな?と思いましたので「中性」についてのお話しをさせていただきたいと思います。

中性とは?
みなさんが「中性」と言われて思い浮かべるものはなんでしょうか?
私が思い浮かべるのは「とりあえず真ん中や中間」といったイメージでしょうか!
では、アクアリウムにおける中性とは何なのかについてお話しさせていただきたいと思います。
一般的にpH 7くらいの値のことです。
先に言ってしまいましたがpH(ペーハー値)とは、アクアリウムで言うところの「弱アルカリ性」、「中性」、「弱酸性」といった状態を数値として表したものになります。上記に一般的にと示したのは人によって数値に若干の違いがある為です。
そして、この数値を元に現在の水質からどういった水質に変えていくのか、そのまま維持していくのかといった選択をしていきます。
中性のメリット、デメリット
今回は、メリットとデメリットの章を一か所にまとめているのですが、それは「中性」の良いところは目立ったメリットもデメリットも無く飼育することの出来る環境だと私は思うからです。
⇧私の混泳水槽です⇧
実際に現在2つの水槽を所有していますが、2つとも「中性」を保つように管理をしています。
写真の水槽では、「バルーンモーリー」「レインボーフィッシュ」「プレコ」「ヤマトヌマエビ」を混泳しておりますが、「中性」での飼育で問題は出ておりません。
仮に「弱酸性」に傾けてしまうと、「バルーンモーリー」「弱アルカリ性」を好むため環境が合わなくなり最悪落としてしまうことにもなりかねません。
逆に「弱アルカリ性」に傾けてしまうとさっきの逆の状態になってしまいます!
つまり、色々な種類の熱帯魚を1つの水槽で飼育したいと考えたなら、必然的に「中性」という選択肢になることからある意味万能な水質とも言えると思います。
それに日本の水道水は、おおむね「中性」に保たれているので水質調整剤などを使う必要もありませんのでカルキ抜きをするだけで使用できることを考えると管理とお財布に優しいと言えます。
水道水の成分には地域差がありますので絶対ではありませんがpHに関しては中性と思って問題ないと思いますが、井戸水の場合は測定してから使用しましょう!
あえてデメリットをあげるとするならば、飼育している熱帯魚の魅力を最大限に引き出すことは出来ないことだと思います。「中性」という環境に適応しているだけであって、やはり本来の環境で飼育することによって引き出される魅力には、かなわないのかな?と私は思います。
まとめ
「中性」を保つのは比較的簡単のようにお話ししてきましたが、水を良く汚す我が家のポリプテルス混泳水槽のようにカキ殻を入れてやっと「中性」に保たれているといった場合もありますので、油断せずに定期的な水質のチェックは行いましょう。
以前までは、週2~3回の水替えで対応していたのですが、カキ殻を入れてからは週1~2回で間に合っています。1~2回としているのは、与える餌によって汚れ具合が変わりますので餌のバリエーションに合わせて水替えを行ってます。
まとめ
「中性」では、最大限の魅力を引き出せないと言いましたが、それは飼育している人それぞれのスタイルがあるので、ご自身に合った飼育スタイルで飼育していただくのが一番だと思います。
実際に私は「中性」で飼育していますが、熱帯魚たちを見て魅力がないと思ったことはありません!自分の用意できる最大限の環境を作ってあげることさえ出来れば、それが一番ベストな環境だと思います。癒しを求めていたはずなのに、飼育することに疲れてしまっては意味がありません!これからもアクアリウムを楽しみましょう!
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の投稿もよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました