我が家のプレコについて

プレコ


こんにちは、からしです!

今回は、我が家で飼育しているプレコ達についてお話しをさせていただきたいと思います。

飼育しているプレコ
ミニブッシープレコ …2匹
オレンジフィンカイザープレコ …1匹
グリーンロイヤルプレコ …1匹
現在、我が家では計4匹のプレコ達を飼育しています。
各プレコの性格
【ミニブッシープレコ】
小さめの子(5㎝程)は、好奇心旺盛で良く他のプレコ達にちょっかいをだして怒られていますw
大きめの子(7㎝程)食欲が旺盛で餌を入れると真っ先に飛びつきます。
【オレンジフィンカイザープレコ】
我が家のプレコの中で一番攻撃的といいますか、とにかく目に付くもの全てに体当たりをしています。グリーンロイヤルプレコを同じ水槽に入れた時にも猛威をふるってしまい一時期、グリーンロイヤルプレコを隔離しました。
【グリーンロイヤルプレコ】
我が家のプレコの中では、一番大人しいプレコです。ブッシープレコとは特にいざこざもなく、隣にいても威嚇するようなこともありません。
ケガについて
他の熱帯魚たちも、そうなのですがプレコは比較的再生能力が高い?ように感じます。
追いかけられたり、つつかれたりすると多少なりともヒレが切れてしまったりするのですが、大抵の場合は1週間程で完治しておりますし、グリーンロイヤルプレコの時は背ビレがボロボロで、尾ひれも切れていたのですが2週間たたずに完治しておりました!
※薬浴や塩浴は行っていません
餌について
プレコを飼育するにあたって一番苦労したのが餌選びです。
他の熱帯魚たちは、熱帯魚用の餌を何の問題もなく食べてくれるのですがプレコ達は気に入らない?といくら入れても見向きもしません。
プレコ=グルメということなんでしょうかw
実際に私が与えた餌を紹介させていただきます⇩
【コメット 沈下性タブレット】
このタブレットは、初めてプレコを購入したお店でプレコと一緒に購入しました。高級そうな見た目だったのが決め手ですw
ですがこのタブレット、我が家のプレコ達は見向きもしませんでした。
フタがジップロックになっていないので、こちらのタブレットを使う場合はジップロックやタッパーなどしっかり封のできる容器に移すことをおススメします。
【ひかりクレスト】
このタブレットは、私が現在プレコ用として使用しているものになります!
袋もジップロックタイプで酸化を防げますし、何といってもプレコ達が食べてくれます!プレコ以外の熱帯魚やヤマトヌマエビも食べています。
しかも、この餌はペット用品を扱っているお店なら大抵置いてありますのでいざという時にも安心です。
【トレビオ】
こちらは、お腹に良さそう!と思い購入しました。量的にも多くなかったのでローテーションに入れようと思い与えてみました。
食いつき自体は、ひかりクレストの方が全然良いのですが、まったく見向きもしないほどではないかな?といったところで、かじっては離れてを繰り返していました。
第一印象は凄いニオイ‼ですw
【冷凍アカムシ】
こちらは、抜群に食いつきが良いです!
人口餌を食べてくれない。餓死してしまうかもと思ったら与えてみてください。
しかしアカムシばかりでは、肥満や健康的にもあまり良くないと思うのでどこかのタイミングでプレコ用のタブレットも食べてもらいましょう。
【きゅうり】
リンクを張るか悩んだのですが、写真もなかったので張りましたw
こちらは、ブッシープレコ達が良く食べます!1つだと争いが起きてしまうのでかならず2つ入れていますが、他のプレコは食べ物だと認識していないのか食べているところはまだ見ていません。
※水分が多く水が汚れやすいので与える際は気を付けましょう
まとめ
水槽のお掃除屋さんとして、飼育されることが多いと思いますがコケや流木に付いたバクテリアだけでは、心配だと思ったら人口餌にチャレンジしてみてください。
実際に餌なしでの飼育をしたことがないので何とも言えませんが、私は健康面が心配だったのでプレコ達にも餌を与えています。
最後に
気づいたらプレコの魅力にどっぷりとはまっておりました。
調べてみると模様も体色もさまざまな種類がたくさんいるんですね!なんだかまた衝動飼いしてしまいそうで怖いですw
飼育環境に関しては、新しい水槽を準備していますのでまた別の記事でお話ししたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の投稿もよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました