エイトコア【ダストラップ】導入

報告


こんにちは、からしです!

今回は、水作さんから出ているダストラップをプレコ混泳水槽に導入したので、ダストラップについてのお話しをさせていただきたいと思います。

ダストラップとは
【フィッシュレット】という商品は、ご存知でしょうか?水槽内のフンや食べカスを回収する為の物理ろ過に特化した投げ込み式フィルターになるのですが、要はフィッシュレットの水作バージョンになります。
フィッシュレットは一体型になりますが、ダストラップはお持ちの【水作エイトコアM】にダストラップを単体で購入して取り付けるだけで機能いたします。
水作エイトコアMをお持ちでなくても、私が買った物のようにセット販売もされているので別々で購入する必要はありません。
フィッシュレットとの違い
私はフィッシュレットを実際に使用したことがありませんので、考察を踏まえた内容になってしまいますが、大きな違いとしましては上段に投げ込み式フィルターが装着されている部分だと私は思います。
大きなゴミはフィッシュレットと同じように下段のスペースに回収されるのですが、上段に投げ込み式フィルターが乗っているので細かいゴミも回収してろ過することができますし使い方によってはろ材を詰めて生物ろ過特化に変更することもできます。
そして、一番の違いはホームセンターでも購入することができる点になります。私はある程度の規模の専門店でしかフィッシュレットの店頭販売を見たことがありませんが、ダストラップなら熱帯魚を扱っているお店なら概ね取り扱っているので、通販が苦手で直接手に取って確認してから購入したいといった方でも手軽に購入することが出来ます。
感想・レビュー
実際に水槽に入れてみると、最初はデカい!?という印象と吸ってる?といった感じだったのですが、少し時間を置いてから確認すると上の写真のようにしっかりと回収してくれています!
最初の印象は、掃除機のようにガンガン吸い込んでいくイメージだったのですが実際に使ってみると、水流や熱帯魚が泳いだ拍子にダストラップにフンが触れると吸い込まれていく感じです。
この辺の仕組みは、フィッシュレットと同じだと思うのですが水流をうまく当ててあげるとドンドン吸い込んでくれます。
問題という程ではないのですが、ダストラップはそのまま取り出しても下部に水が残ってそのまま飼育水ごと捨てられる仕様になっているのですが…
上に持ち上げていくと上部にたまっているいる水も下に抜けていくので、この過程でフンの吸い込み口から若干逆流してしまいますので、網で受け止めるかエイトコアと分離してその場でスポイトで吸うかになると思います。
私は、エイトコアとダストラップの取り外しが簡単なので、水槽内で取り外して直接スポイトで吸いだしています。
まとめ
結局スポイトで回収するなら必要ないんじゃない?と思う方もいらっしゃると思いますが、投げ込み式フィルターで回収できればエアレーション効果とろ過効果がありますし見た目もフンはフィルター内に入っているので、目隠しにもなるので使用するメリットは十分にあると思います。
最後に
フィッシュレット大きいなぁ。と思っていたのですがダストラップもサイズ的には変わりませんでしたので圧迫感は出てしまいましたが、熱帯魚のことを考えると入れて損はないので見た目より環境重視でいきたいと思います!
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の投稿もよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました