過密飼育による酸欠?!プレコ水槽【エアレーションの追加】

プレコ


こんにちは、からしです!

今回は、プレコ混泳水槽に新たにエアレーションを追加したので、その報告をさせていただきたいと思います。

なぜ追加したのか?
今回プレコ混泳水槽にエアレーションを追加した理由は、単純に過密飼育による酸欠が心配になったからです(汗 ⇦完全に衝動飼いのせいです。
現在のプレコ混泳水槽
・ブッシープレコ…2匹
・オレンジフィンカイザープレコ…1匹
・グリーンロイヤルプレコ…1匹
・オトシンプレコ…1匹
・ドラゴンボルダード…1匹
・ゴールドエッジマグナムプレコ…1匹
・ヤマトヌマエビ…5匹
・バルーンモーリー…2匹
・レインボーフィッシュ…2匹
 計16匹
「ひぇ~‼」って感じですねw
水質維持は、2日に1回の水替えで維持出来ているので今のところ水質維持に関しては問題ないと思います!使用しているフィルターは「GEX メガパワー6090」です。
以前のエアレーション
「GEX コーナーパワーフィルター+舞姫」
コーナーパワーフィルターに舞姫というディフューザーを取り付ける事によって、微細な空気の泡をたくさん発生させながら水流も発生させることが出来ます。
この舞姫なのですが穴がとても小さく詰まりやすいので、泡の出が悪くなったり泡の量が少なくなって来たら爪楊枝などを使って掃除してあげましょう!
「ダストラップ」
ダストラップを設置して、ゴミを回収しながらエアレーション効果もあります。
追加したエアレーション
今回追加したのは「エーハイムのディフューザー」です!
メガパワー6090の排水部分は水流を作るのに一役買ってもらっているので、今回は外部フィルターではなく「カミハタ リオプラス」に装着しました!
ディフューザーだけでは角度の調整が出来ないので、「エーハイム フレキシブル排水口」も装着しています。このままでは、水中ポンプに装着出来ないので写真にあるように適当なホースを間に入れて取付しました。
こちらの写真が実際に装着して作動させた状態になりますが、思っていたよりも長くなってしまったので今の水槽では結構目立ちます。
水槽全体の写真になりますが、水草があってもやはり目立ちますねw
しかしカッコイイレイアウトよりも、住みやすい環境作りの方が重要だと思いますので水槽を大きくするまではこの状態でいきたいと思います。
まとめ
水槽内の酸素量を測定する方法は分かりませんが、エラの動きが明らかに早かったり熱帯魚たちが鼻上げをしたりと酸素不足による前兆はいくつかありますので、もしも心配な場合は飼育している熱帯魚の行動や様子を観察してみましょう。
最後に
今まではエアレーションと言えばエアストーンだったのですが、最近は何だか「プレコ=ディフューザー」というような概念が私の中で出来上がりつつあるようですw
しかし、ディフューザーなら強めの水流を発生させることも出来るのであながち間違いでもないのかな?とも思いますw
最後まで読んでいただきありがとうございました。
次の投稿もよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました